10/21




【撮影メモ】九州鉄道記念館
展示SLのピストン部。
九州と本州のレールが「関門鉄道トンネル」で結ばれるまでは、この門司港駅(当時の名称は門司駅)が九州の鉄道の起点だった。

※関門鉄道トンネル
本州と九州を結ぶ世界初の海底鉄道トンネル。
1942年(昭和17年)から運用開始。全長3.6km(うち海底部1.14km)。